店舗選びの注意点 

飲食店は立地が重要だという話を耳にすると思います。確かに、飲食店業界は「立地ビジネス」ということができるほど立地には気を付けたい業界です。しかし、それがすべてではありません。効果的な集客方法を考えられればある程度の立地でも十分集客が見込めます。また、タイミングよく良い物件が空いているともかぎりません。

店舗選びで大事なことは、自分の商品のターゲットとなる人がいる商圏を選ぶことです。例えば、ランチ営業がメインのお店であれば、ビジネスマンが多くいるようなビジネス街を選ぶなどです。

また、家賃が高いから立地が良いとも限らないので、物件の契約前に実際に周辺を歩いて見て回りましょう。競合店の調査、昼と夜の人の出方などの商圏調査はしっかり行いましょう。

ところで、最近では内装工事費をぐっと抑えられる「居抜き」物件をよく耳にしますよね。確かに、初期投資をぐんと抑え事業開始後の資金に回せることからとても良いように感じます。しかし、気を付けていただきたいのは、居抜き物件は「誰かが廃業した跡地」だということです。廃業の理由は様々考えられます。経営継続困難や単に移転かもしれません。

経営継続困難が理由で廃業した場合には注意が必要です。なぜなら、そもそも集客に適していない物件の可能性があるからです。​賃料が安いからという理由で即決するのは危険と言えます。

 

また、深夜営業や風俗営業の場合には用途地域という制限がありますので、物件の契約をしてから実は営業できない場所だったということがないように注意しましょう。深夜酒類提供営業(深夜12時以降も酒類を提供するバーや居酒屋など)や風俗営業(スナックやキャバクラ)は住居地域では営業できません。前の店が営業してたから大丈夫とは限らないので気を付けましょう。

Please reload

​【業務対応地域】

(都道府県)

宮城県

(宮城県内市区町村)

仙台市(青葉区・泉区・太白区・宮城野区・若林区)・石巻市・塩竈市・気仙沼市・名取市・白石市・角田市・多賀城市・岩沼市・登米市・栗原市・東松島市・大崎市・蔵王町・七ヶ宿町・大河原町・村田町・柴田町・川崎町・丸森町・亘理町・山元町・松島町・七ヶ浜町・利府町・大和町・大郷町・富谷町・大衡村・色麻町・加美町・涌谷町・美里町・女川町・南三陸町

© 2017 tetote行政書士事務所 All rights reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now